2010年06月08日

女子学生殺害受け、防犯サークル結成…千葉大(読売新聞)

 昨年10月に千葉県松戸市の千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され、自宅マンションが放火された事件をきっかけに、同学部の学生有志が防犯サークル「E―bow(イーボウ)」を結成した。

 5月から大学の正式なサークルとして認められ、31日には、松戸市や松戸署、松戸東署などで作る市安全都市協議会から「活動時に着用してほしい」と、そろいのジャンパーやベスト、腕章などの贈呈を受けた。

 サークルは、事件の悲しみを乗り越え、学生たちの自主防犯意識を高めようと結成され、現在は3年生の男女7人を中心に活動している。サークル名の「E」は園芸学部を表し、英語で弓の意味を持つ「bow」は防犯の「ぼう」をかけたほか、弓で矢を射るように素早く行動しようという願いを込めたという。サークルの顧問で、同学部学生生活委員長の西野栄正教授(61)は「荻野さんの事件が起きたことで、学生たちは大きなショックを受けた。サークルを通じて、学生たちが持つ情報や目線や地域との連携のなかで、具体的な防犯対策ができれば」と話す。

 同学部のキャンパスは緑が多く市民憩いの場になっている半面、植物の生育に配慮して街灯が少ない事情もあり、夜間の帰宅などで不安を感じている学生もいるという。

 サークルではこれまで、同学部周辺で防犯上、不安な場所などについて学生にアンケートを実施したほか、曇ったカーブミラーを事故防止のため掃除した。4月にはJR松戸駅前で行われた松戸署の痴漢防止の啓発活動に協力した。

 サークル代表の杉山愛子さん(20)は「大学の周りでもひったくりや空き巣が多いことが分かった。市内の大学などともネットワークを広げるなど、地域とも連携した活動を行っていければ」と意欲を示している。松戸署の熱田貢一署長も「市内には高校なども多い。若い人たちの手本となってほかにも防犯サークルができるようになってもらいたい」などと期待している。

歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
ホームに入りきらずドア開く…札幌駅着「北斗星」(読売新聞)
【菅登板】青臭い理想論貫いて(産経新聞)
<医療ミス>1億3674万円支払いへ 愛知・碧南(毎日新聞)
<参院選>国民新党が公約発表(毎日新聞)
posted by ライト at 13:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

きょにゅ〜ちゃんとチュッチュしてきたぁぁぁ!!!!ヽ(゚∀゚)ノ
バックで攻めながら乳もみしたら、ちょ〜工口い声で喘ぎまくってたYO!!
もう50万近く稼いだけど、当分はやめられねーな!!笑
http://vcinhcmf.chun.qawsed.Info/
Posted by おぱぁいデカッ!!!! at 2010年06月12日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。